初代波の伊八 没後200年記念キャンペーン

鴨川市旧大山小学校体育館にて、波の伊八 没後200年の記念イベントがおこなわれます。

「波の伊八」こと、武志伊八郎信由(たけしいはちろうのぶよし)は、宝暦二年(一七五二年)に現在の鴨川市打墨で生まれた彫刻師です。「関東に行ったら波を彫るな」と言われ、躍動感あふれる波の作品を彫り、葛飾北斎の「富嶽 三十六景」「神奈川沖裏波」などの画風に影響を与えたと言われています。繊細でありながらも力強さを感じさせる技術と創造力は、見る者の心を引き付けます。

19日(日)には、近くの大山不動で「柴燈護摩 火渡り祭り 大山寺開創1300年」が執り行われます。大山不動と旧大山小学校間は送迎バスもありますのでぜひお出かけください。


安房鴨川駅からの送迎も予定されています。


旧大山小学校/大山公民館

鴨川市金束5番地