魚見塚展望台

かつて漁師たちが沖合いにくる魚の群れを見張っていたことから「魚見塚(うおみづか)」と呼ばれています。魚見塚一戦場公園内にあり、女神像「暁風」をシンボルとして、嶺岡山系東端の海抜約110メートル地点に位置し前原海岸や鴨川松島、仁右衛門島など三方に開けており、どこまでも続く大海原や鴨川の街並みが一望できます。水平線から昇る朝日や夕暮れ時、夜景の美しさはまさに絶景です。2階展望デッキなどに「蓄光タイル」が散りばめられているため、夜間にはホタルのような淡い光に包まれます。魚見塚展望台の頂上に立つ像は、鴨川出身の彫刻家 長谷川昻氏の作品で、仏の化身(乙女)が暁の潮風を受けているところから「暁風」と命名されています。女神像「暁風」の前で、恋人同士が誓いをたて、鍵をかけていくと愛が成就すると伝えられています。

鴨川市貝渚3277


鴨川市内の自然風景一覧